Rin's Skyblue Pencil

文学作品などの読書感想や解説を投稿していくブログです!

芥川龍之介「あばばばば」の解説【主人公の退屈な自意識】

芥川龍之介「あばばばば」の解説です。主人公・保吉の退屈な自意識の問題に注目していきます。

坂口安吾「私は海を抱きしめていたい」解説&感想

坂口安吾「私は海を抱きしめていたい」の解説と感想です。やや危うい美観のあるこの作品の真実に迫ります。

坂口安吾「外套と青空」の感想

坂口安吾「外套と青空」の感想です。恋愛を恋愛とできるかどうかは自分次第なのだと改めて思いました。

カフカ「変身」がつまらない・意味が分からない読者のためのフォロー解説です!

カフカ「変身」がつまらない・意味が分からないという読者のためのフォロー解説です。「変身」がつまらない理由や、グレーゴルが虫になった理由などを考えていきます。

芥川龍之介「袈裟と盛遠」解説と感想【二人の複雑な心理を見る】

芥川龍之介「袈裟と盛遠」の解説と感想です。原典の袈裟御前の物語を確認した上で、盛遠と袈裟の独白を解説していきます。

カフカ「変身」の解説【なぜ虫に?】【グレーゴルの抗議】

カフカ「変身」の解説です。なぜグレーゴルは虫になったのか、家族の態度は不条理か、について考えていきます。

カフカ「判決」の解説【不条理ではない】【ゲオルク批判】

カフカ「判決」の解説です。ゲオルクの身に起きた不条理が実は不条理ではないという視点から作品の理解を試みています。

カフカ「掟の前で」の解説【難しい】【命令すること】

カフカ「掟の前で」の解説です。「掟」とは「命令すること」という視点で、一貫した理解を模索していきます。

カフカ「あるアカデミーへの報告」の解説【出口と自由の解釈】

カフカ「あるアカデミーへの報告」の解説です。「出口」と「自由」という言葉の意味を中心に考えていきます。

福沢諭吉「丁丑公論」要約と解説【福沢の見る西南戦争】

福沢諭吉の評論「丁丑公論」の内容紹介と解説です。この評論で福沢諭吉は西南戦争に対する世論に異を唱えました。

福沢諭吉「瘠我慢の説」要約と解説

福沢諭吉の評論「瘠我慢の説」の内容紹介と解説です。この評論に見られる福沢諭吉の独立論を中心に解説していきます。

白樺派・有島武郎の作品「カインの末裔」の解説的感想です。

白樺派の作家・有島武郎作「カインの末裔」の感想です。内容はあらすじと解説を兼ねています。有島武郎や「カインの末裔」に興味のある方はぜひご覧下さい。

芥川龍之介「運」解説と感想【幸福の意味内容】

芥川龍之介「運」の解説と感想です。幸福と運を中心に作品を理解していきます。

理知派・芥川龍之介の作品「鼻」の解説的感想です。

理知派の作家・芥川龍之介作「鼻」の感想です。内容はあらすじと解説を兼ねています。芥川龍之介や「鼻」に興味のある方はぜひご覧下さい。

新感覚派・川端康成の代表作「雪国」の解説的感想です。

新感覚派の作家・川端康成作「雪国」の感想です。内容はあらすじと解説を兼ねています。川端康成や「雪国」に興味のある方はぜひご覧下さい。

新感覚派・川端康成の代表作「伊豆の踊子」の解説的感想です。

新感覚派の作家・川端康成作「伊豆の踊子」の感想です。内容はあらすじと解説を兼ねています。川端康成や「伊豆の踊子」に興味のある方はぜひご覧下さい。

白樺派・武者小路実篤の作品「真理先生」の解説的感想です。

白樺派の作家・武者小路実篤作「真理先生」の感想です。内容はあらすじと解説を兼ねています。武者小路実篤や「真理先生」に興味のある方はぜひご覧下さい。

白樺派・武者小路実篤の代表作「友情」の解説的感想です。

白樺派の作家・武者小路実篤作「友情」を読んだ感想です。内容はあらすじと解説を兼ねています。武者小路実篤や「友情」に興味のある方はぜひご覧下さい。

白樺派・有島武郎の代表作「生れ出づる悩み」の解説的感想です。

白樺派の作家・有島武郎作「生れ出づる悩み」の感想です。内容はあらすじと解説を兼ねています。有島武郎や「生れ出づる悩み」に興味のある方はぜひご覧下さい。

白樺派・有島武郎の作品「小さき者へ」の解説的感想です。

白樺派の作家・有島武郎作「小さき者へ」を読んだ感想です。内容はあらすじと解説を兼ねています。有島武郎や「小さき者へ」に興味のある方はぜひご覧下さい。

【四大悲劇】シェイクスピア『マクベス』の感想です。

シェイクスピアの四大悲劇『マクベス』を読んだ感想です。内容はあらすじと解説を兼ねています。『マクベス』に興味のある方はぜひご覧下さい。

【四大悲劇】シェイクスピア『ハムレット』の感想です。

シェイクスピアの四大悲劇『ハムレット』を読んだ感想です。内容はあらすじと解説を兼ねています。『ハムレット』に興味のある方はぜひご覧下さい。

【書評】小林秀雄「歴史」の解説寄りの感想です。

小林秀雄「歴史」の書評です。書評は内容の紹介と解説を兼ねています。小林秀雄や「歴史」に興味のある方はぜひご覧下さい。

【書評】小林秀雄「良心」の解説寄りの感想です。

小林秀雄「良心」の書評です。書評は内容の紹介と解説を兼ねています。小林秀雄や「良心」に興味のある方はぜひご覧下さい。

【あらすじ】梶井基次郎の作品「桜の樹の下には」の解説寄りの感想です。

梶井基次郎の「桜の樹の下には」の感想です。あらすじと解説を兼ねています。梶井基次郎や「桜の樹の下には」に興味のある方はぜひご覧下さい。

梶井基次郎「Kの昇天」あらすじと解説【肉体と魂の分離】【月世界】

梶井基次郎「Kの昇天」のあらすじと解説です。Kの「昇天」とは何だったのかを中心に作品を理解していきます。

湯ヶ島療養時代の最後の作品・梶井基次郎の短編「冬の蠅」の見どころを紹介します!

梶井基次郎が湯ヶ島での療養生活で最後に書いた「冬の蠅」の紹介と感想です。療養生活で明確にした梶井にとっての真実が描かれています。梶井という人物を知る上でも重要な作品ですので、ぜひご覧下さい。

梶井基次郎「冬の日」の紹介と感想~魂と物質との間を揺れる主人公の心

梶井基次郎「冬の日」の紹介と感想です。この作品に私は魂と物質との間で揺れる主人公の心を見ます。あらすじや引用もあるので、この記事で作品の輪郭を掴むことができます。

梶井基次郎とは?代表作「檸檬」のあらすじと解説もあります!

結核のため31歳にして亡くなった、夭折の作家・梶井基次郎を紹介しています。また、梶井の代表作「檸檬」の紹介と考察も行っています。梶井に興味のある方に彼を知って頂ければと思います。

坂口安吾「不良少年とキリスト」解説【安吾の太宰への愛情】

坂口安吾「不良少年とキリスト」の詳し目の解説です。未読の方にも内容を知って頂けます。死んでしまった太宰への安吾の愛情が見どころの作品です。